体の中からアンチエイジング

MENU

体の中からアンチエイジング

血管年齢も若々しさを保って

私たちの体には毛細血管が網の目のようには張りめぐらされており、体の末端の細胞や髪の毛の毛先にいたるまで酸素や栄養素を運んで、若々しさを保ち、体の機能を維持して健康を支えています。
ですが、この毛細血管も老化し、年齢とともに減っていくといわれています。
毛細血管が加齢や不規則な生活、過度な飲酒や喫煙などでダメージを受けると、血液が上手く流れないようになり、血流が悪くなって血管が消えてしまうことさえあるといわれています。
当然ながら毛細血管が減少していけば、体やお肌の細胞に栄養や酸素がスムーズに行き届かなくなり、体内に溜まった老廃物の回収も進まなくなります。
これによって便秘や肌荒れの原因になるほか、お肌のくすみやしみの原因にも繋がります。
年齢を重ねてお肌のトーンが暗くなったり、シミが出やすくなったら、それは血管年齢も老化しているサインかもしれません。
毛細血管が失われたり、壁細胞のはがれなどの血管のダメージを防いで、質の良い毛細血管の復活を目指すこともでき、そのためには、まずは毛細血管に本来通りスムーズに血液が流れることが大切になります。
そのためには睡眠を十分にとって体の修復をサポートすることや、過度な飲酒や喫煙をやめ、無用なストレスをためないことと、必要な栄養素をしっかり補給してあげることが求められます。
血管をきれいにするには、血液や血管を造るもととなるたんぱく質をはじめ、血流を促すサポートをしてくれる水溶性食物繊維、血液ドロドロの原因となる悪玉コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸を多く含む食材などを積極的に摂りましょう。

新陳代謝を高めて若々しい体づくりを

最近は美魔女といった言葉も流行していますが、同じ年齢でも見ための年齢が大きく異なることがあるのは何故でしょうか。
私たちの体は60兆個にものぼる細胞から構成されていますが、細胞も年齢を重ねると古くなって亡くなり、その代わりに新しい細胞ができるという新陳代謝が行われ、毎日少しずつですが入れ替わっています。
もっとも、年齢とともに新陳代謝のスピードも低下していきますが、その新陳代謝のスピードが速く遅くなってしまえば老化も進みやすくなりますが、栄養バランスのよい食事や運動、睡眠などをしっかりさせて健康的な生活習慣を送っていると若い頃と同じように代謝を活発に保つことも可能です。
細胞が正常なサイクルで生まれ変わるためには新陳代謝や細胞が生まれるために必要な栄養や酸素が全身に行き渡ることが必要であり、同時に古い細胞などの老廃物などがスムーズに回収され続けることがポイントになります。
その働きを担っているのが、体の隅々まで酸素や栄養素を届け、老廃物を回収してくる血液です。
血液中の赤血球が新鮮な酸素や栄養が細胞に送り届け、新陳代謝を活発にさせてくれますが、赤血球の成分の約4割を占めているのが鉄分です。
生理があるなど鉄分が不足しがちな女性にとって、見た目年齢を若くしてアンチエイジングを図るために鉄分の補給も欠かせません。

 

 

 

血管年齢を戻し新陳代謝を高めるためにおすすめのレシピ

毛細血管の健康を保ち、加齢によって失われた毛細血管を復活させるために、おすすめの食材の1つにオリーブオイルがあります。
LDLコレステロールだけを下げる働きが期待されるオレイン酸を80%近く含んでいますが、良質なオリーブオイルを選ぶことがポイントです。
また、最近注目されているひよこ豆はLDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスを改善してくれるとともに、たんぱく質や食物繊維、アンチエイジングに役立つ不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。
ひよこ豆とオリーブオイルを使ったサラダに、春菊とまぐろもプラスしてみましょう。
春菊には鉄分やカルシウムが豊富に含まれ、赤血球を元気にする葉酸やクロロフィルも豊富で、まぐろにも鉄分をはじめ、たんぱく質やアンチエイジング成分であるDHAなども豊富に含まれています。
レモンを搾るとビタミンCの作用で鉄分の吸収をサポートしてくれます。